弟子のSです

武術の稽古日誌

あなたの内側はどこですか?

前回の記事に続き剣術の稽古の解説をせよとの課題をいただいた。それは次のような稽古であった。

開いた左手の上に剣を載せ、コの字型に右手を添えて剣を立てて構える。安定と不安定の中間にあるこの状態に剣を保持し、意思でなく剣の落下に導かれて斬るようにする。
剣を立てた構えで敵と対向すると、当然ながら体のある方を斬ってくる。これが内側の危険なゾーンである。そこで剣の外側の安全なゾーンに一瞬で身体を移す。つまり立てた剣を不動点(エンドポイント)として「内」と「外」を行き来するわけだ。

剣を立てた構えを縦の八双という。二人で対向し、剣の交わる「×」の点を不動点・支点として動くと、縦の八双を中間点として構えは次のように推移していく。

霞の構えー青眼の構えー縦の八双ー横の八双ー逆の霞の構え

このことによって、構えは固定した静的なものでなく連続した動きの一コマであることがわかる。また横の八双から顔を振り返ればそれがそのまま霞の構えになることから、エンドポイントを介して「内」「外」ばかりか「前」「後」も一瞬で変わることがわかる。


白桃会 剣術・内外の転換

剣術の稽古をなぜするのか。それは聞き慣れた言葉でいうところの「無我の境地」に至るように、だそうだ。この稽古も彼我の枠を壊す、また彼我が置換できる概念であることに気付くのがねらいである。彼我とは「敵—自分」かもしれないし、「刀—自分」かもしれないし、「世界—自分」かもしれない。あるいは後述するように「内—外」「前—後」「上—下」といった相対概念であるかもしれない。

客体が主となり自我が従となり、斬る・進むといった動作の決定機関が「よそ」に置かれる。稽古後に師に「あなたは皮膚の内側だけを自分と思っているが、そうではない」と言われたが、その言葉にならえば、動作の決定機関が「皮膚の外側の自分」に置かれる、ということだ。だから師は私にこれを「心法」だと仰ったのだと思う。

物理的な意味合いにおいて「内—外」「前—後」「上—下」を考えたとき、それらは自分と相手とエンドポイントとの位置関係を示すにすぎない。一瞬で変化し、定まっていない。動画で見るように、移動した自分は相手から見て剣を隔てた「外」にいるが、自分は剣の「内」に守られている。しかしそれは別の相手からは剣を隔てない「内」かもしれない。

その一方で、狭義では手足の親指側を「内側」と呼ぶ(例「外刈り」「内刈り」「外旋」「内旋」)。これは人間の形態が変わらないかぎり固定した絶対のものだろう。

「内側」は移ろう、移ろわない。どちらでもあり、どちらでもない。そうしたものを自在に転換する。

私は剣術が(他の術に負けず劣らず)、端的に下手であり、できないということはわかっていないことだから、師には、解説が難しければこの稽古のどこがわからないかを書きなさいと言われた。それで一週間以上、ああでもないこうでもないとやっている。

わからなさの核心は師の「あなたは皮膚の内側だけを自分と思っているが、そうではない」という言葉にあるようだ。以前に似たような話をしていて、私が「では先生は(そのへんにあるものを指して)あれとかも、これとかも、リアルにご自分だと思ってらっしゃるんですか?」と尋ねると、師は次のように仰るのだった「ここにあるもので俺じゃないものなんかないよ」・・・・・・。

はっきりしているのは、自我を従とし客体を主にして動くと表現はとても美しくなるということだ。リンク先は大道芸の動画だが、俳句も同様だろう。黒子になる、ということ。
https://www.youtube.com/watch?v=PTXOxVfXUGM

参考記事
自由と奴隷 http://doranekodoradora.blog123.fc2.com/blog-entry-258.html

短棒/ヌンチャクを使った稽古

このたび師より、人に分かるように説明できないことは自分でも分かっていないのだということで、現在私がおもに取り組んでいるところの短棒およびヌンチャクの稽古の解説をせよという課題が与えられた。二種の稽古の意義がひとりよがりにならずに読者に伝わるよう紹介を試みたいと思う。理解していただくのはもとより、読み終わって面白そうだなと感じていただければ幸甚である。

1. はじめに

白桃会の武術の根幹となる体の使い方に、「站樁」と「でんでん太鼓のような動き」がある。その二つから説明しよう。

站樁:通常の立ち方では人は背筋(胴体)がしゃんとして腕がぶらぶらしているが、白桃会の站樁ではそれを逆にする。つまり手腕を曲刀やアーチ状にロックして(=「掤(ぽん)」を張って)胴体の方を緩める。吊革や鉄棒にぶら下がって体はだらんとした状態を想定するとよいかと思う。張った手腕を動かすと、緩んだ体幹が自然にバランスをとろうとして連動する。左右の手を共に内旋あるいは外旋させたり、片方は内旋させ片方は外旋させたり、ひじから横に張り出したり、環状の腕全体を回したりと、張った両手腕をいろいろに動かすことでそれに応じたバランス操作が行われる。


站椿功と酔拳

でんでん太鼓のような動き:太極拳では「スワイショウ」に、沖縄空手では「ムチミ」にその要素が見られるが、手を動かすのに手先自体でなく、胴体のうねり・しなりや回転を手先に伝えるように動かす。一例として、裏拳でヒットする瞬間に腰を逆方向に切る動きがあげられる。連動して拳はヒットとほぼ同時に逆方向に引かれるが、手先だけの挙動よりずっと速い。
体幹から末端へ伝えるこの動きを足に応用すると、洗濯物の端をつまんでパン!とシワ伸ばしするような、腰(鼠径部)からの蹴りになる。これも足だけの挙動より速い。
これらの動きのためには末端を緩めて弾力を持たせておくことが必須である。速いだけでなく、こうすると突きや蹴りにおいて衝撃の反作用が起きない。

「ロックしているフレームと緩めて自由にしているフレームの区分けを意識して動く」点で、上記の二つは対照をなしている。この体の使い方をふまえた上で、短棒とヌンチャク、それぞれの稽古の解説に進んでいこう。

2. 短棒

白桃会の站樁はロックしているフレーム(手)と緩めているフレーム(胴体)を区分け、ロックした末端をいろいろに動かすことで体が自然にするバランス操作で動くと書いた。站樁のフレーム、両手の円相を保持したまま、相手の突きを受けて打ち返したり、単推手や投げへの応用もできる。

短棒を使った稽古では、この站樁のフレームで手に棒を吊り下げて持ち、その重みを意識する。体は棒の重みで下げた手の方向に重心を移動させていく。体内でするこのバランス操作の利点は、たとえば、床を蹴るなどの予備動作なしにぬるりと攻撃から身をかわせることだ。重心移動に突きの動作をつければ攻撃に転じられる。

伸ばした手の先の棒の重みの意識に慣れたら、棒なしで、相手の突きを下方向(鉛直方向)に受けて前のめりに崩す稽古にすすむ。相手と自分の間にあるアリジゴクの巣穴に手を落としていくようなイメージ。足の重心2点と棒の重心との計3点でバランスしているものの1点に集中して重みをかけていくように意識する。三脚の足1本を取り払うと、外した足の方向に崩れていく理屈だ。3点のいずれかに続けて重心移動することで突きや投げに展開してゆける。
見えないもう一つの重心を想定し、それにあえて寄りかかる・外すといったバランス操作によって動くのは酔拳八卦掌蟷螂拳などにみられる要素だが、反発や反作用の力を使った動きでないため、相手が予測して抵抗するきっかけをつかみにくい。

短棒を横にして両端を持ってもらい、重心移動によって棒を環状に上げ下げする稽古もする。その棒を相手の頭上に運んで相手を反らせたり、棒ごと相手をこちらに引き寄せたりして投げにも展開していく。中国武術に加えて合気柔術の要素もある稽古だ。


短棒を使った練習

3. ヌンチャク

ヌンチャクは一家にひとつあるような品物ではないが、コンビニ袋に入ったペットボトル等でも代用できるという。つまり重みのある筒体から紐が出ている形状の武器であり、その特徴は以下のようになる。
・筒体が二つに分かれていることでヒットした衝撃が持ち手に伝わらない
・分かれつつもつながっていることで、剣術でいえば一刀でありながら二刀のように扱える
・攻撃速度が速い

ヌンチャクの基本となる回し方は1. に記した沖縄空手の「ムチミ」−−でんでん太鼓の要領であって、手先で回すのでなく胴体のうねりや回転を手に伝えて回すようにする。(ヌンチャクといえばブルース・リーを想起する方が多いかと思うが、胴を固定したあのパシ!パシ!と切れのいい操作は、したがって師の「うねるヌンチャク術」とはやや毛色が異なる。)

白桃会のヌンチャクはいわゆる「ムチミ」を使って回すと書いたが、攻撃や受けについても空手の型の動きがそのまま応用できるという。
ヌンチャクでの攻撃は上記したように速度が速いのが特徴である。とくに下段への攻撃に有利だ。たとえば剣術では踏み込んで斬り下ろすところ、ヌンチャクでは形状のアドバンテージからその手間が要らない。踏み込まないどころか、下がりながら(攻撃をかわしながら)打つことができる。また横・縦・前後と回転を縦横に組み合わせて相手の全体に攻撃を仕掛けてゆける。

受けについては、大別して「ヌンチャクを振り回す受け」と「振り回さない受け」がある。前者には空手の回し受け(「風車」)を応用したもの、後者には十字受けや後述する二刀流の動きを応用したものなどがある。どれも、受けた箇所をそのまま筒体で挟んで締め付けたり、中央の紐部分を使って締め上げたり引っ掛けたりと、そのまま攻撃に展開していける。

ヌンチャクの特徴に「一刀」でありながら二刀のように扱える点をあげたが、たとえばヌンチャクを肩にかけるように持ち、もう一方の端を脇で持つ持ち方は、二刀流で一本を八双(立てる)、一本を脇に構える持ち方と相似である。片方で打って受けさせ、もう片方で打つという二刀流の技法を、ヌンチャクの場合は片方をフェイントとし相手の空いたところを打つというように応用する。
また二刀流の技法であり空手の技法でもあるところの、両手が連れ添って動く「夫婦手」をヌンチャクにも応用できる。突きをV字型にしたヌンチャクで(つまり夫婦手で)横から受け、一方を離して攻撃に転ずる。付かず離れずの形状、あるときは手分けし、あるときは一丸となって事に当たる、考えてみればこれほど夫婦らしい武器もないように思われる。


ヌンチャク・攻撃と防御

4. むすび

站樁とムチミという体の使い方の公式、つまり「ロックしているフレームと自由にしているフレームを区分ける」を身に付けるための二種の稽古を解説してきたが、短棒にせよヌンチャクにせよ、それらを使う動きに中国武術沖縄空手・二刀剣術・合気柔術など、さまざまな武術の要素が含まれることがおわかりいただけただろうか。
太極拳では「虚実分明」と呼び、宮本武蔵の言葉にも「下はゆるぐとも上のうごかざるように」とある。「張る−緩める」と体内を区分けてバランスをとることで総体の強度を高める、このことは実生活上でもなにかと有用なのでお試しいただきたい。

参考記事
站椿(たんとう)の展開 http://doranekodoradora.blog123.fc2.com/blog-entry-444.html
剣と拳/気について http://doranekodoradora.blog123.fc2.com/blog-entry-436.html
講習会のおしらせ&内容解説 http://doranekodoradora.blog123.fc2.com/blog-entry-330.html

稽古メモ

先週の金曜稽古で、師に強い調子で言われたこと。

問いを立て直すな。

「なぜ太極拳はゆっくり動くのか」「なぜひじを曲げないようにする(=掤を張る)か」「なぜ靠は・・」「なぜ・・」武術に関する基本的な問いについての答えは何度も言葉で説明されているはずなのに、いざ問われると明瞭な説明ができない。これは教えを誰かにパスする際の障害になるばかりか、自分が教わることもまともにできていない証拠だという。
問いを自分の言葉で構成し直すという悪癖が、直でないことが、教えを「そっくりそのまま」受け取ることから遠ざけている。

6年近く師の弟子をやって、まともに教わることができない自分。今までブログをしゃあしゃあと書けていた厚顔はなんなのだ。

最近悟ったのは、知らなかったことは免罪符でなく、過失であること。無知ゆえの誤りは「知らなかったんだから仕方ない」ではなく「知らなくて申し訳なかった」と謝罪すべきものだ。

 ここ数年で「自分とは何か」「何と戦うのが戦いなのか」が徐々に把握できてきて、それは天と地の間に人たる自分がすんなり収まった安定を、つまり健康を私に与えてくれているのだが、それは「ただ法(教え)の恩恵を受けているのであって、法を継いでいるのではない」と師は仰る。(言葉の問題があるにもかかわらず教えの恩恵が得られているのは、密儀や俳味の検討といった「不立文字」系の稽古がなんとか成立しているからだろうか?)

言われても、再び間違えない自信が全然ないのだ。私の不出来と不誠実とを申し訳なく思う。