弟子のSです

武術の稽古日誌

カスタネダ爆読み中

カルロス・カスタネダ
いま6冊手元にあって、気軽に読み進められる本でもないので、今夏の読書はこれで暮れていきそう。主な訳者である真崎義博訳のものを原著の刊行順に以下に挙げる。当時のベストセラーも現在ではなかなか手に入りにくいようだ。

1.『呪術師と私−ドン・ファンの教え』The Teachings of Don Juan, 1968
2.『呪術の体験−分離したリアリティ』A Separate Reality, 1971
3.『呪師に成る−イクストランへの旅』Journey to Ixtlan, 1972
4.『力の話』(名谷一郎訳では『未知の次元』)Tales of Power, 1974
5.『呪術の彼方へ−力の第二の環』The Second Ring of Power, 1977
6.『呪術と夢見−イーグルの贈り物』The Eagle's Gift, 1981
7.『意識への回帰−内からの炎』The Fire From Within, 1984
8.『沈黙の力−意識の処女地』The Power of Silence, 1987
9.『夢見の技法−超意識への飛翔』The Art of Dreaming, 1993

読むほどに(フィールドワークという体裁をとっているが、これはフィクションなのでは?)と思えてくる。修行者の聞き書きにしてはあまりにも精神的にハイパーな内容が語られるため「全てをわかった上で」書いている、主人公カスタネダ以外の書き手の所在を感じるのだ。
しかし実話か創作か、カスタネダとは誰なのか、そんなことはどうでもよくなる「真実感」がこのシリーズにはある。

いまは5の『力の第二の環』を読み始めたところ。初期四部作といわれる4までの内容を手短に言うならば、これはもうシリーズ名を『弟子のカスタネダです』にしてほしいくらいのものだ。読みながら、師ドン・ファンの語りを主人公同様に聞き逃すまいとしている自分に気づく。学ぶカスタネダの思考・心理・疑問が自分のそれと酷似している。「認識外の領域を認識する」ことに本気で取り組むという自身の経験がなかったら、これらの内容は到底理解できなかっただろうとも思う。(というか、この本を読んだだけでこの本を理解できる人なんているのだろうか・・。)

5以降を主に読んだ師によると、今後はサイキックウォーっぽい展開になっていくらしい。カルロス大丈夫かなあ。

稽古メモ

動きの素人っぽさ。具体的には「硬い」「我が出張っている」。師にガイドされるとそれらの欠点はすんなり改善され、柔らかく素直に動けるようになる。稽古に臨む下準備とも言えるその状態に自分でなれるよう覚え書きしておく。

当日は大変暑い日だったが道場にエアコンは付けず、窓とドアを開放し調光も明るすぎないようにした。いつもする床の拭き掃除も要らないという。自然に近いそんな環境の中で站樁する。師より口頭での指示、立つのに必要とする以外の力を全部抜くこと。耳を澄ますこと。蝉の声、子供の声・・。連想のおもむくまま、心のたゆたうに任せる。遠い夏、濡れたプールサイドの熱気。水を抜くため耳を付けたコンクリの匂い。

そこからゆっくりとスワイショウ。徐々に動きをつけていき、 突き、裏拳、横蹴り、前蹴り、コンビネーション。背中を使って体全体でしなるように打つ。相手にぶつかる拳や足先は固めず解放されている。打点でブルブルと震え、紙に向かって突くと破裂音がする。

このような段階を踏み、まるで浸透圧を同じくしたように自分と周囲との境界が心身とも曖昧になったところで向かい合い、自由推手。組手をすると、当身をしても不快さがなく、二匹の猫があばれて遊んでいるような組手になった。私の息が上がって動けなくなるまで続け、ついに床に転がり、飛び出そうな心臓をなだめる。言われて目を閉じると瞼の裏に夏空が広がった。

稽古のあと師がひょいとコンビニに入っていったと思ったら、ガリガリ君をおごってくれた。 汗だくドロドロの身にしみわたるガリガリ君であった。「これは必要経費」と仰っていたので、ここまでを学ぶべき一連の内容とする。
トドメのように通り雨に打たれてずぶ濡れになったが、「彼我の無さ」が極まっていて何がどうでも問題ない。この境地が冒頭の站樁から始まっていることを心に留めておこう。

俳句詠みは戦士である

前回の更新から今までのこと。

カルロス・カスタネダ『呪術師と私』読む。インディアンの呪術師に弟子入りした人類学者の記録で、二部構成のうち、著者が合理的説明を試みた後半部分により「最上の題材について書かれた最悪の本」と批判を受けたものだという。私のブログも似たようなものかも・・。
しかし巻末の片桐ユズル氏(ボブ・ディランの訳詞で有名な翻訳者だ!)の解説が温かい。カスタネダの飲み込みが悪かったからこそ呪術師はいろいろ喋らざるを得ず、でなければ、このような本来非言語的な精神拡大経験の意味を言語化して本にするなど至難の技だったろうと。
その通り、二人の掛け合いがおもしろく、早速続巻『分離したリアリティ』を図書館から借りてきた。

先週の火曜日には深大寺で句会があった。当日の模様は師による句会記に詳しいが、私こと「葩」の句の出来は今回も良くなかった。独自性に走りすぎて句意がさっぱりわからないと言われる。(洗足池のピエールさんだけ「僕は好きですけどね。夜9時枠のドラマで主役のガッキーが冒頭でこの句を詠んだらすごい高視聴率を稼ぐと思う」と独自なポジティブコメントを下さった。)

金曜稽古の前後に座学を受けたり、自分でも考え、句作上の問題点の理解は進んでいる・・と思う。
カスタネダによれば、呪術師の教えの目標は「知者になること」で、知者は「戦士」だそうだ。これは刃物を安全に扱い、タオルを武器に変える武術の方向性と合致する。生殺与奪の鍵を握るのは賢さと愚かさである。私、お利口になりたい。
すぐれた俳句詠みはいうまでもなく知者であろう。カスタネダを紐解きつつ、「だから俳句詠みも!」と戦士の自覚が芽生えるのだった。

同じことを百回やっても

師「あなたは病気。病識がないのが問題。個々の稽古をいくらやっても、その性根、人格を直さないかぎりどうにもならない」。

努力と根性の人は九九を百回書き取る、というようなアプローチで武術を学ぼうとするが、同じことを百回やっても賢さは増えない。それは実は努力や根性に見せかけた依存と怠惰で、自分が変わらなければ何も変わらないことをやっているのに、とにかくこの稽古をすれば強くなるだろう、という人任せでしかない。(師のツイッター

バイトを通じてできた仲良しで、仕事は超できるしルックスもいいのに恋愛だけうまくいかないという人がいる。先日も「(また)別れちゃった、うわ〜ん、呑みます〜」みたいな感じでもう「プライベート幸薄」が殆どキャラ化しているのだが、本人はいつだって真剣だ。

師の言葉は辛辣で臓腑に刺さるが、彼女を見ていると少し前向きに消化できる。K村さん、あなたは同じことを百回頑張るのでなく、おおもとのOSを換えることだと思う。OSを換えるというのは、別のマシンになっちゃうことじゃない。あなたは魅力的なあなたのまま、OSを換えることができる。

誰の言葉か出典ははっきりしないけれど、「考え方(thought)が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」。ここでいう「考え方」に相当するのがOSである。「意識」「心」といってもいいかと思う。OSが行動を、習慣を、人格を、ひいては運命を(!)規定する。

K村さんはSのことを「私の精神安定剤」と慕ってくれる。でも一緒にいて上に書いたようなことを表現するのはむずかしい。武術の言葉はその希望的な本質とはうらはら、どちらかというと「平和をもたらすよりは剣を投げ込むような」ものだからだ。まずは自分のことをしよう。私こそ途上なんだから。
これからカルロス「明晰の罠」カスタネダの著作に取りかかる。師によるとカスタネダは私に似ているそうだ。どんなふうに?

「明晰の罠」

「わからないことがある」ということをも含めて、わかる、ということは、本当にかけがえがない。静かで、確かだ。

といつぞやの記事に書いたように、理解とは武器であるなあとつくづく思う昨今だったが、くだんの対話で師が

「悟ったという明晰さすら敵である」

という言葉を紹介しておられ、冷水をかけられたというか、安まっているなりに、やはり修行とは安まることがない。

その言葉はカスタネダという人類学者がインディアンの呪術師ドン・ファンから聞いたもので、それによれば、知者には「恐怖」「明晰」「力」「老い」という順序で現れる四つの敵があるという。

わかることは「静かで、確かだ」と書いた私は、恐怖という敵は凌いだけれど、目下、明晰という「敵」に当たっているのかもしれない。自分は無知であり、間違いを犯し得るという認識は持ちつつも、それでもというか、だからというか、瞬間瞬間を「わかった気」で生きている。間違いに気づくのは常に事後である。東洋の「未病」概念(発病前に病気を治す)を知らぬ訳でもあるまいに。

カスタネダの本には明晰は耽溺であり、一つの世界の囚人になることだ、みたいなことまで書いてあるらしい。手厳しい。読まないと。

武術家二人の対話

古流武術の伝承・指南を行っている剣術の達人と師との対話を音源から聞く。文字起こししながら聞いたらやたら時間かかった。
「武術家同士の交流が馴れ合いを避けるには、同意見の人より、同問題に別アプローチをしている人と交わっていくこと」と師の仰るとおり、問題意識を共有するお二方の、スタンスの違いが対話をおもしろく意義深いものにしている。弟子たる私にとっては、対比により、師が何者か(私が修めようとしているものが何なのか)を理解する助けになった。

私は気安いおしゃべり以外は滅法話し下手なので、剣術家の理路整然とした話しぶり、 言葉の選び方に感服した。人柄がベースにあるのはもちろんだが、こんなふうに自分をアナウンスできる人はいいなあ。聞き手としても痒いところに手が届くというか、師の言説のここが呑み込みにくいというところで的確な返しをしてくれる。

対話によれば師は武術家として「ぶっ飛んでる」「すごい特徴を持っている」そうだ。私のような者を教え子としていることも、そのぶっ飛んだ特徴のひとつにカウントされてるのかしらと思ったら、いたたまれないような、何か背負ってるような、複雑な気持ちになった。

武術家って何だろう。武術って何だろう。疑問に思わないだけで、実はよくわかっていないということが、対話を聞いてわかった。

西池袋公園

参考になるからと師に教わり、ある男性の太極拳を見学に西池袋公園に行く。大きな病院で中医学による治療に携わっておられる方だとのこと。ご本人からお話を伺ったわけではないので紹介は控えるが、都内で太極拳教室を教えておられ、ご著書もあるそうだ。

と言ってもそれは後から知ったプロフィールで、師がたまたま公園でその人を見かけ、動きにすっかり感心して時々見学させてもらうようになったらしい。私がくっついていっても快く見学を許してくださった。

印象を一言で言うと「短く切った大蛇」。地面からその人が生えているような安定感があった。

テンションが一定していて、緩急はあっても抑揚がないのは、まるでモビールのようだ。その方が去ってから、師のお手持ちの扇子を使って空気の流れをとらえて動く稽古をした。

私の套路は、自覚していなかったが、チャラい。飾り気がある。それが自覚できたのは収穫だった。異質のものを見ないと気付けないことだ。

暑い日。汗だくになってする組手は楽しい。痛いことあっても、それが楽しい。