弟子のSです

武術の稽古日誌

サードウェーブきました

2009年に太極拳を、数年後に武術を習い始め、2012年の稽古中にひざに大きな怪我をした。前十字靭帯を切ってしまったのだ。
歩いていてもがくっとひざが抜けて転んでしまうような状態で、当時は師を灯台に暗中模索するような毎日だったから、私は松葉杖でおろおろするばかりで、それでも稽古は休まず通っていた。

そのとき師に言われた言葉が「あなたの武術は今が始まり」。どうしよう、終わりなんだろうか、終わりたくない、と私は切羽詰まった気持ちでいるのに、師は終わるどころか「始まり」と仰る。「組手だってできているじゃないか」と。思い返してもどうやっていたのか謎だが、師の指導のもと、確かに組手もやっていた。

再建手術を受けるかどうかで数か月迷い、リハビリと並行していくつかの病院を巡った末、保存療法を選ぶ(手術しない)ことにした。MRIの所見で全断裂と言われたが、実は見えないところに靭帯が残っていたのか、不安定ななりに「低値安定」してその後何年も過ごすことができた。

あの事故がなかったら、師のいう「武術」がどういうものか本当にはわからずにいたと思うので、いまや私の中では完全にポジティブな出来事に仕分けされている。

そして先日のことだが、稽古中に再び同じひざに怪我をして近所の整形外科にかかり、レントゲンで「捻挫(靭帯損傷)」と診断された。もっともレントゲンでは靭帯の状態はわからないので、「怪我によるダメージは骨には無い」のがわかったということである。

それより、骨の状態を見て指摘されたのは、関節周囲の軟骨のすり減りと、骨棘(骨が変形してトゲのように尖ること)があることだった。いわゆる「変形性膝関節症」である。これははっきりと

加齢

によるものだ。私はもともと関節がゆるく、そうした変化の影響を受けやすい、つまり痛みの出やすいひざであるらしい。
確かに、ただの怪我なら回復に伴い痛みが減っていくはずなのに、今回は思ったように治らない。少し運動をなまけていると痛みがぶり返す。ぶり返すならまだいいが、受傷当日より増悪してたりする。

参考:変形性膝関節症(Wikipedia

日本国内に限っても患者数は約700万人というありふれた疾患であり、年だからとあきらめたり、我慢しているケースが多いのもこの病気の特徴で、行動が制限されがちになるため、適切なケアが望まれる。

症状は人によって差異が見られるが、一般的には初期段階で、階段の昇降時や歩き始めに痛んだり、正座やしゃがむ姿勢がつらくなる。病気の進行とともに、起床時の膝のこわばりや、関節が炎症を起こす、「水がたまる」と表現される膝関節液の過剰滞留などの症状が出やすくなる。さらに進行すると、大腿骨と脛骨が直接こすれることで激しい痛みが生じ、やがて歩行困難となる。
40歳以上の男女の6割が罹患しているというデータもある。また、どの年代でも女性が男性に比べて1.5-2倍多く、高齢者では男性の4倍といわれている。O脚の関連も指摘されている。加齢とともに発症しやすく、中高年の女性に多くみられる。

関節リウマチや膝の外傷などが原因となることがある。中でも、前十字靭帯を断裂したことのある人はそうでない人に比べ、将来的に変形性膝関節症を発症するリスクが3.62倍になるという調査結果も示されている。これは前十字靭帯を再建する手術を受けた場合の数値であり、手術を受けず保存的に治療を行った場合、リスクは4.98倍にまで上昇する。

 私、どこから見てもハイリスクの人だ・・。

今回の怪我を契機に、これからは「加齢」つまり身体の経年劣化について考えることが増えるだろうと思った。事故や天災に遭わなくても(「遭わないから」というべきか)やってくる、体の不具合や病気といった生体の変化に支配されない人間になりたい。平均寿命が90歳に近づこうという日本である。後世に役立つかどうかはともかく、一つの参考例にはなるだろう。師はまだお若いし、私だからできることとも言える。

昨日、武術用の杖をまさに杖として使い、痛むひざをようよう運んで道場に辿り着いた。これでは到底稽古にならないだろうと思うのに、やはり始めてしまえば稽古はできるのだ。なんというか、自分の仕事は「道場まで体を運ぶこと」だけって気がする。とくに耐えるでもなくふだん通りに稽古し、仕上げに演武まで。

f:id:porcupinette:20190622183424j:plain

夏至でした

というわけで、私は自分に「あなたの武術はもういちど今が始まり」と話しかけてやっている。こういう言葉かけを師を待たずに自分でできるようになったところが、前回との違いと言えば言えるかも。

感じを習う

このところ護身術教室の生徒の間で杖がブームで、遅ればせながら私もマイ杖を購入して親しんでいる。握り締めず、構造で支えて、手の中で滑るように持ち、受け流す。杖は「捨己従人」の奥義を知るためのよい稽古になると思う。
「捨てる」とは?
 捨てる主体である「己」とは?
「従う」とは?
 従う客体である「人」とは?
そうしたWhat?について、あの棒が、言葉でなく感覚で教えてくれる気がする。

30代の後半から10年ほど英語の勉強にはまっていた。外国語学習には波があって、プラトー(平坦な、いわゆる伸び悩み状態)とブレイクスルー(急激な伸び)という二つの時期を繰り返しながら力がついていくといわれているが、私が自分のブレイクスルーで体験したのは、英単語の意味が「語感」としてわかるようになったことだ。

語感がわかるとは、たとえば「run」という単語に触れたとき、「走る」という日本語が思い浮かぶのでなく、何というか、手と足を勢いよく振る「あの感じ」、正面に風を受ける「あの感じ」、息遣いが速まる「あの感じ」…という「’走る’ にまつわるあの感じ」が総体として即座に連想される、ということである。
単語帳の対訳を「覚える」のと違い、語感はいったん「知る(感得する)」とその後忘れにくいようだ。英語から離れて久しい今でもそれなりの語彙が保たれているのは、たぶん「語感の保持」が記憶力の仕事ではないからだと思う。

武術の稽古で求められるものも、単に技の手順の習得ではないとすると、ある意味「感じ」の習得と言えるのではなかろうか。
「感じ」は直接言語化できないものだから(言語化できるくらいなら「感じ」と言わないはず)、言葉だけ受け取って理解するのは、少なくとも私には、とても難しい。わからない、という長いプラトーに耐えながら、わかった人の助けを借りつつ自助努力するしかないのだと思う。わかる日は突然来て、それは一瞬の出来事である。一旦わかると二度とわからなく(できなく)ならない。私の数少ない経験ではそうだ。

杖の稽古の先に、演武について理解のブレイクスルーがあるといいな。

  *  *  *  *  *  *  *

しばらく、といっても数週間ですが、ブログを非公開にしていました。武術の稽古が「感じの習得」であることに関連するかもしれませんが、学んだことを言葉で伝えようとすると、何をどう書いても不正確な気がして、公開する益がないと考えたからです。
しかし過去記事には師からコメントを頂いているものもあり、それを学習に役立てていらっしゃる方がいると知って元に戻した次第です。そうした方々がいらっしゃることで、はじめて、拙文を公開することが武術への恩返しや貢献に少しはつながるのかもしれません。訪ねてくださる奇特な方にお礼を言いたいと思います。

近況

このところ私の生活配分は、週1〜2回の武術の稽古のほか
・隔週の囲碁教室
・要支援の母の生活介助
・小鳥(めっちゃエモーショナルなコザクラインコ)の世話

こんなあんばいで、道場通いに座学に遊行に、つまり稽古に明け暮れていた頃とはだいぶ事情が変わってきた。とはいえ、武術を学ぶとは武術的なものの考え方を学ぶことだから、囲碁も介護も鳥飼いも、その応用という意味ではすべてが稽古というか、研究と試行錯誤の時間であることには変わりない。どれも生きて動く相手の居ることだ。

囲碁の先生にも言われるが自分は勉強好きだと思う。地頭が悪いのでザルで水を汲むようなものだけど、昨日知らなくて(そこにあるのに)見えなかったものが、今日の自分にはちょっとだけ見えるようになった、というのは生涯楽しめる楽しみだろう。

逆に言うと「現在の自分」とは未来の目から見れば常に「昏い(見えない)世界にいる自分」だ。それをわきまえていないと、現在の目でもって未来のことをはかる愚を犯す。

「武術を習うにあたっては良い師を選ぼう」みたいなことが言われるが、下位(既知)の物差ししか持たない者に上位(未知)の世界の良し悪しがはかれるはずもなく、はかれるとしたらそれはもう未知ではない。つまり未知の(何を知らないかすら知らない)ことについて学ぼうとするとき、「選ぶ」ということは論理的にというか、順序として不可能なのだから、目の前に運ばれてきた縁を掴むしかないんじゃないかと思う。私の場合は、太極拳教室で師に投げられて「すごっっ!!」と思っただけである。選ぶも何も、ある人に投げられて「すごっっ!!」と思ったあとに、その人以外に教わる理由がなかった。

囲碁にしても介護や鳥飼いにしても、運ばれてきた縁を掴んだ結果が今である。介護など、それこそ未来はどうなるか、いつどのように終わるかもわからない話だが、先に自分が死なないようにとだけは願っている。逆縁をしたくないと望む程度には親思いなのと、あと、介護という体験を終えた世界を見てみたいからだ。そこにいるのはどんな自分だろうか。