弟子のSです

武術の稽古日誌

同じことを百回やっても

師「あなたは病気。病識がないのが問題。個々の稽古をいくらやっても、その性根、人格を直さないかぎりどうにもならない」。

努力と根性の人は九九を百回書き取る、というようなアプローチで武術を学ぼうとするが、同じことを百回やっても賢さは増えない。それは実は努力や根性に見せかけた依存と怠惰で、自分が変わらなければ何も変わらないことをやっているのに、とにかくこの稽古をすれば強くなるだろう、という人任せでしかない。(師のツイッター

バイトを通じてできた仲良しで、仕事は超できるしルックスもいいのに恋愛だけうまくいかないという人がいる。先日も「(また)別れちゃった、うわ〜ん、呑みます〜」みたいな感じでもう「プライベート幸薄」が殆どキャラ化しているのだが、本人はいつだって真剣だ。

師の言葉は辛辣で臓腑に刺さるが、彼女を見ていると少し前向きに消化できる。K村さん、あなたは同じことを百回頑張るのでなく、おおもとのOSを換えることだと思う。OSを換えるというのは、別のマシンになっちゃうことじゃない。あなたは魅力的なあなたのまま、OSを換えることができる。

誰の言葉か出典ははっきりしないけれど、「考え方(thought)が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」。ここでいう「考え方」に相当するのがOSである。「意識」「心」といってもいいかと思う。OSが行動を、習慣を、人格を、ひいては運命を(!)規定する。

K村さんはSのことを「私の精神安定剤」と慕ってくれる。でも一緒にいて上に書いたようなことを表現するのはむずかしい。武術の言葉はその希望的な本質とはうらはら、どちらかというと「平和をもたらすよりは剣を投げ込むような」ものだからだ。まずは自分のことをしよう。私こそ途上なんだから。
これからカルロス「明晰の罠」カスタネダの著作に取りかかる。師によるとカスタネダは私に似ているそうだ。どんなふうに?

「明晰の罠」

「わからないことがある」ということをも含めて、わかる、ということは、本当にかけがえがない。静かで、確かだ。

といつぞやの記事に書いたように、理解とは武器であるなあとつくづく思う昨今だったが、くだんの対話で師が

「悟ったという明晰さすら敵である」

という言葉を紹介しておられ、冷水をかけられたというか、安まっているなりに、やはり修行とは安まることがない。

その言葉はカスタネダという人類学者がインディアンの呪術師ドン・ファンから聞いたもので、それによれば、知者には「恐怖」「明晰」「力」「老い」という順序で現れる四つの敵があるという。

わかることは「静かで、確かだ」と書いた私は、恐怖という敵は凌いだけれど、目下、明晰という「敵」に当たっているのかもしれない。自分は無知であり、間違いを犯し得るという認識は持ちつつも、それでもというか、だからというか、瞬間瞬間を「わかった気」で生きている。間違いに気づくのは常に事後である。東洋の「未病」概念(発病前に病気を治す)を知らぬ訳でもあるまいに。

カスタネダの本には明晰は耽溺であり、一つの世界の囚人になることだ、みたいなことまで書いてあるらしい。手厳しい。読まないと。

武術家二人の対話

古流武術の伝承・指南を行っている剣術の達人と師との対話を音源から聞く。文字起こししながら聞いたらやたら時間かかった。
「武術家同士の交流が馴れ合いを避けるには、同意見の人より、同問題に別アプローチをしている人と交わっていくこと」と師の仰るとおり、問題意識を共有するお二方の、スタンスの違いが対話をおもしろく意義深いものにしている。弟子たる私にとっては、対比により、師が何者か(私が修めようとしているものが何なのか)を理解する助けになった。

私は気安いおしゃべり以外は滅法話し下手なので、剣術家の理路整然とした話しぶり、 言葉の選び方に感服した。人柄がベースにあるのはもちろんだが、こんなふうに自分をアナウンスできる人はいいなあ。聞き手としても痒いところに手が届くというか、師の言説のここが呑み込みにくいというところで的確な返しをしてくれる。

対話によれば師は武術家として「ぶっ飛んでる」「すごい特徴を持っている」そうだ。私のような者を教え子としていることも、そのぶっ飛んだ特徴のひとつにカウントされてるのかしらと思ったら、いたたまれないような、何か背負ってるような、複雑な気持ちになった。

武術家って何だろう。武術って何だろう。疑問に思わないだけで、実はよくわかっていないということが、対話を聞いてわかった。

西池袋公園

参考になるからと師に教わり、ある男性の太極拳を見学に西池袋公園に行く。大きな病院で中医学による治療に携わっておられる方だとのこと。ご本人からお話を伺ったわけではないので紹介は控えるが、都内で太極拳教室を教えておられ、ご著書もあるそうだ。

と言ってもそれは後から知ったプロフィールで、師がたまたま公園でその人を見かけ、動きにすっかり感心して時々見学させてもらうようになったらしい。私がくっついていっても快く見学を許してくださった。

印象を一言で言うと「短く切った大蛇」。地面からその人が生えているような安定感があった。

テンションが一定していて、緩急はあっても抑揚がないのは、まるでモビールのようだ。その方が去ってから、師のお手持ちの扇子を使って空気の流れをとらえて動く稽古をした。

私の套路は、自覚していなかったが、チャラい。飾り気がある。それが自覚できたのは収穫だった。異質のものを見ないと気付けないことだ。

暑い日。汗だくになってする組手は楽しい。痛いことあっても、それが楽しい。

 

はてなデビュー

無事に過去記事のインポートを終え、お引越し完了。

とりあえず見た目だけ整えたので、細かいところはまだこれから。デフォルトで本文の文字が大きく、スペースは小さくて、今までみたいに長くは書けない仕様だが、それがかえっていいかも。

稽古メモ+ブログ引越しのおしらせ

先日、塔手のかたちから、自分の手と接している相手の手を共働して床に着ける(≒崩す)という稽古をした。同じ捨己従人でも、従来は相手と「ぶつからない」という否定形だったが、その稽古からは相手と「同じになる」「同じである」という別種のニュアンスを感じた。

相手と自分が同じであること。境界がないこと。「あなたの行きたい方向は、私の行きたい方向でもある」。これなら怨恨を残すどころではないだろう。戦闘状態がなく、双方に違和感のない着地点があるだけだから。おもしろいな〜。

 

さてこのブログですが、サービスを受けているサーバーの契約をこのたび仕事の都合で改めることになり、近々閉鎖しなければならないことになりました。

 

師の言葉などを確認のため時々検索をかける以外、ほとんど記事を読み返すことがないので、消えるならまあ仕方ない、データが自分のPCに残るならそれでいいか、ぐらいの気持ちでいた。しかし師によれば、このブログは「どうしようもなかった人間でもここまで成長できる」証しとなる記録だとのこと。そう言われると、個人的には恥でしかない過去の記録も、公的な性質を帯びたもののように思えてくる。なので、どこかの無料ブログサービスに置き場を探すことにする。

「成長」という言葉が師の口から出てきたことも意外だった。私は師の中で「何年やってもダメな人」に分類されていると思っていたから。

 

師がどう思われているかはさておき、弟子として武術を教えていただいて5年、私はすごく変わった。何がというと、意識が。それもそのはずで、直近のコメント返信にも書いたように、武術は「独善に走りがちな我から離れ、自在に扱えるように」、物事を武術の視点から眺めるように、意識を改めることを徹底的に要求するからだ。

 

以前どこかで読んだ言葉に「意識が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば生活が変わる」みたいなのがあったけど、いまだ途上ながら5年分だけ私の意識は変わり、その表れとして生活が変わった。それはもちろん良い方向に、だ。

 

まあ人生には様々な局面があるので未来がどうなるかはわからないが、何が起きても私には師から受け取った(受け取りかけている)太極拳という筏がある、と心強く思う。「筏」とは仏教で、煩悩や無明の川を渡る「方便」の暗喩。

 

いまある疑問の答を過去の在庫のパーツから探す習慣をつけなさい。もうテキストは飽和している。

 

といつか言われたが、最近の私は以前ほどがつがつと答えを貪ることもない。私は答えを渡されている。答えはここに(胸に手を当てる)あるのだ。「わからないことがある」ということをも含めて、わかる、ということは、本当にかけがえがない。静かで、確かだ。

一生涯、私は我から放たれず、間違い続けるのかもしれない。でもやることはきまっている。

 

というわけで、これから新たなブログサービスを探しに行きます。ごくまれにブックマークしてくださっている奇特な方がいるので、引越し先が決まれば告知しますので、どうぞブックマークし直してやってください。

稽古メモ(俳句編)

前々回の記事に「Sさんは遊行ではどうもうまくいかない」と師に言われたと書いたが、何がうまくいかないのですか、と尋ねると「こんな調子では、あなたが”我”から自由になるには、懸命にやっても10年かかる」とのこと。

「我」から自由にならないとなぜ困るかについては別稿にゆずるとして、とにかく武術の修行とは、「我」から放たれ、「らしさ」を確立しようと進んでいくものだ。

俳句はそのためのよい稽古になるはず。「我」が出張っては、つまり独りよがりでは伝わらないし、「らしさ」がなければ、そもそも創作する意味がないからだ。

自分で作ってみるとわかるけれど、思いや感じをよく表現するには、画家が制作中にカンバスから離れて絵を確かめてみるように、没入しがちな「我」とは別の視点から句を眺める癖をつける必要がある(そうしないスタイルもあると思うが)。客観視というスクリーニングを経ない句は、私の場合、あとから読むとどうも「痛い」のです。

本を読んだり詳しい人に尋ねると、芭蕉にせよ子規にせよ寺山修司にせよ、俳人は本来の気質としては我の強い人が多いようだ。しかし名句とよばれるものを鑑賞すると、その「我」が「普遍性」にみごとに昇華している。たとえば

行 く 春 や 鳥 啼 き 魚 の 目 は な み だ

この句に芭蕉はいないけれど芭蕉の「感じ」はある(それしかない、というか)。別離の悲しみ、それが伝わるのは共鳴する要素が私の中にあるからだ。言葉遣いの工夫によって、芭蕉の我と私の我が句を介してつながる。これが師の仰る「術」の本質かと思う。

句会は三回目を迎えた。http://kukaiki.jugem.jp/?eid=7

この日のテーマは「贈答句」。なんと師に、私に宛てて二句詠んでいただいた。

直(す)ぐ に 立 ち 道 な き 道 を 歩 む 人

固 き 草 嚙 み 続 け た る 山 羊 に 似 て

私には「直立」のイメージがあるらしい。そうなのか〜。

私は洗足池のピエール氏に二句贈呈した。お中元のキャッチフレーズではないけれど、贈っても贈られても嬉しいのが俳句と知る。先生ありがとうございました。

ひととおり創作を終えたあとの雑談からも、「我」からの自由にかかわる新たなヒントを得、うーんと考え込みながら帰る。